オカルトひろば

宇宙・非科学的・時事問題など

【巨大UFO】日航機アラスカ沖事件
アメリカのレーダーも捉えていた!

f:id:occulthiroba3088:20191006151044j:plain


皆さんは、ご存知でしょうか?当時日本中だけでなく、アメリカでもとても話題になったこの事件を。1986年11月17日 日本航空機がUFOと遭遇しました。

パリ発~東京に向けて日本航空特別貨物便のJAL1628便(日本航空ボーイング747-246F貨物機)(以降・同機と表記する)が、アラスカ上空を高度10600mを時速900~910kmほどで飛行中に、現地時間午後5時5分ごろ航空機は奇妙な光体と遭遇する。

f:id:occulthiroba3088:20191006151354j:plain

機体の左30度前方・下方600mに、帯状の光体が二つ並んで現れた。その不可思議な光体は、正方形をしており、全長約48メートルと大きかった。

左右にオレンジと白に光る、無数の排気ノズルが列となっていた。ノズルからは強烈な光が放たれていた。

それが突然、同機の前方に瞬間移動して現れ、しばらく停止したかと思うと、ふいに姿を消した。

数分後、別の青白い光体が二つ現れた。同機のレーダーは前方約11~13キロの空域に、巨大な物体を捉えていた。

f:id:occulthiroba3088:20191006151514j:plain

その光体は球状をしており、ジャンボ機の数十倍はあろうかという巨大さだった。

f:id:occulthiroba3088:20191006151610j:plain

奇妙な光体は機体にぴったりと張り付いて来た。だが、同機がユナイテッド航空機とすれちがう瞬間、パッと消えてしまうのだ。

身の危険を感じた機長は、他の2人と相談の上、米軍に救助を求める通信を行った。初めの遭遇から、約50分間の出来事である。


アンカレッジ空港に到着した機長と他2人のパイロットは、米連邦航空局(FAA)から事情聴取を受け、寺内機長は「パイロット生活で3度目のUFO目撃体験」と証言した。副操縦士航空機関士は、最初の光体の目撃は認めたがUFOだとは証言しなかった。また、副操縦士は2度目の遭遇事件については「私には見えず、何も言えない」と言葉を濁した。

その後、12月30日 共同通信社が事件を報道、このニュースが世界中に知れ渡る事となった。

だが、アメリカの航空専門誌は、UFO説を否定。寺内機長は地上勤務に配置転換された。

それから、約30年後の2007年11月12日 米ワシントンDCの全米記者クラブで、当時この事件を担当したFAA元幹部が、「日本の貨物機が遭遇したUFOを、米軍のレーダーも捉えていた。」「米政府やCIA・FBIがそれを隠した」と暴露している。

劇団ひとり

お笑いタレントの劇団ひとりさんが、「たけしの超常現象マル秘×羽鳥&ひとりが絶叫!!放送中UFO出現SP」に出演した際、1986年に「アラスカ上空でUFOと遭遇した」と公表した日航機の機長と知人であると言っておりました。

 ひとりさんが、子供の頃アラスカに住んでいた時に、寺内機長が隣の隣に住んでいた方だそうです。また、ひとりさんの父親が、パイロットで機長と知り合いだったと言っておりました。



参考元 学研プラス

www.occulthiroba3088.com