オカルトひろば

宇宙・非科学的・時事問題など

ロズウェル事件


墜落した物は?
影からの圧力











皆さんご存知の、ロズウェル事件!そうUFOです。

でもね、詳しく聞いてみると、ちょっと変なんですよ。

とりあえず、あらすじを!
第二次世界大戦後、アメリカに未確認飛行物体が墜落。
後に、UFO墜落事件として、世界中に知れわたります。

でも~最初に聞いた話しと、ちょっと違うかな?

では詳細を!

ロズウェル

1947年7月2日 夜9時50分頃

アメリカニューメキシコ州、ロズウェル陸軍航空基地(現在のウォーカーフィールド基地)
謎の飛行物体が、ロズウェル上空を南東から北西へ飛び去って行きました。

その先にあるオールド・ジョー・プレース牧場(通常はフォスター牧場と呼ばれる)で、
翌日とんでもない物が発見されます。

牧場を借りているウィリアム・W・ブレーゼルが雷の中、爆発音のような音を聞いた為、
羊の様子を見るついでに車で牧場へ出かけました。

12キロほど行った先で、奇妙金属の破片が100メートルにわたって
落下しているのを発見。

特に興味がなく、拾ったりはしなかった。

しかし5日になってから気になり、観察する為に出かけた。

軽い金属板や、見慣れない茶褐色の紙の様な物を持ち帰った。

次の日ブレーゼルがコロナの街で、初めて空飛ぶ円盤騒ぎを知り、7日になって郡保安官事務所へ残骸を持参した。

知らせを受けたロズウェル陸軍航空基地から、第509爆撃大隊情報部のジェシー・A・マーセル少佐と、CIAが牧場に落下していた謎の金属片を全て回収し基地へ。

基地司令官ウィリアム・ブランチャード大佐の命令で、
基地広報担当官ウォルター・G・ハウト中尉によって発表がされた。


1947年7月8日午前 ロズウェル陸軍航空基地より発表。

空飛ぶ円盤事件、確かに謎の飛行物体ロズウェル近郊の牧場に落下した。

破片は牧場の主の家から回収され、ロズウェル陸軍航空基地で確認後、マーセル少佐が
上部機関に移送した。

その直後、アメリカ中のマスコミが大騒ぎとなり、ワシントン・ポスト紙や
ニューヨーク・タイムズ紙を始め各地の有力新聞が、こぞって全文を掲載。

海外にもAP通信社を通して配信され、「ロンドン・タイムズ」紙なので報道された。

だがその日のうちに、軍からの訂正文が出された。

f:id:occulthiroba3088:20190817084128j:plain

空飛ぶ円盤は全くの誤報で、ラジオゾンデ(気象観測気球)見誤ったと発表した。

大騒ぎしていたマスコミの熱は、急速に消滅してしまう。

だが各新聞社のトップが、軍の報道管制ではないかとする意見を叩き潰した
と言われる。

ロズウェル事件には続報がある、訂正発表の後も牧場を閉鎖状態にする軍。

その方針に疑問を抱いた、地元のラジオ局KJFLの経営者ウォルト・E・ホイットモアは、軍に拘束される前に収録した、牧場主ブレーゼルのインタビューを、全米に流す段取りを
していた。

そこに、ワシントンのFCC (連邦通信委員会)の会長スロウィから直接電話が入り、
国家の安全の問題に関わる重大な事例のため、一切の報道を禁ずる。
しかも逆らった場合、FCCの免許を没収する。

その後も地元選出の上院議員から連絡が入り、同じことを伝えてきた。

ホイットモアが報道を引っ込めた理由には、こうした圧力があった為だ。

肝心の空飛ぶ円盤の報道をさせた、基地司令官ブランチャード大佐はと言うと急いで休暇を取り、代わって大佐直属の上司、ロジャー・M・レーミー准将が訂正報道を行った。

回収したラジオゾンデでの破片を公開した誤報の責任は、広報士官のハウト中尉がとらされた。彼は、ブランチャード大佐からの命令に、従っただけなのに。

【中古】 超常極秘ファイル未確認飛行物体UFO編 / 飛鳥昭雄 / 学研プラス [コミック]【ネコポス発送】

価格:808円
(2019/8/25 00:40時点)
感想(0件)


UFOと断定出来ない?


この事件を、UFO問題と断定するには弱い点がある。

なぜなら、ロズウェル陸軍航空基地の東300キロにあるホロマン基地では、ドイツからアメリカに渡ったヴェルナー・フォン・ブラウンが、Vー2号ロケットの発射実験を行っていたからだ。

さらに当時はまだ公表されていないポリエチレン製の大型気球を打ち上げる実験も
行われていた。

つまりポリエチレンは、軍関係者ですら知らないものが多い。
それが落下した現場を見た軍人たちが、未知の物質と勘違いし、空飛ぶ円盤の破片として
公表してしまった。

UFO墜落⁉


しかしその説を否定するような事件が、ブレーゼルの牧場から200キロ離れた
州境で起きていた。

しかも、ロズウェルから北西の方向、7月2日に空飛ぶ円盤が飛び去った方向である。

f:id:occulthiroba3088:20190816232929j:plain

同州のサンアグスティン平原で、破片などはなく円盤本体が発見された⁉

ロズウェル事件のほうに気をとられ、マスコミがそれに気づいたのは、
だいぶ後になってからである。

この事件を最初に報告したのは、連邦政府の土壌管理部に雇われていた
土木技師のバーニー・バーネットと言う男。

空から真っ赤に燃える飛行物体が、砂漠に落下したところを目撃。

墜落現場に車を走らせると、ステンレスでできたような金属物体が、
地面にめり込んでいたと言う。

同じように墜落シーンを見ていたテキサス工科大学の考古学調査の一団も、一緒に謎の物体を調べ始めたと言う。

その直後、陸軍のジープが来て、彼らを全て立ち去らせ、この事件を他言しないように
命令したと言う。

以上の二つの事柄を含めて、ロズウェル事件と言います。


皆さん、どうでしょう?

f:id:occulthiroba3088:20190816233512j:plain

私には疑念が有ります、気象観測気球とUFO、誤認しますかね?

また最後に名前が上がる、土木技師のバーニー・バーネットと言う男。
実在したした人なのかな?他の人達の様な経歴と違い、他の者に認証されにくい。

回収した証拠品はやはり本物で、当時の人だけでなく 私達現代人、もっと先々の人達も欺こうとしているのでは?

私は未確認飛行物体が、確かに墜落したと信じています。

それが、どこで製造された物かに関わらず。


www.occulthiroba3088.com