オカルトひろば

宇宙・非科学的・時事問題など

【伝説】バビロンの空中庭園 砂漠に山と森を再現⁉

f:id:occulthiroba3088:20200204215826j:plain
空中庭園は王妃への愛によって建造された⁉
https://co.pinterest.com/pin/716424253208358468/?amp_client_id=CLIENT_ID(_)&mweb_unauth_id=&simplified=true


バビロンの空中庭園とは

バビロンの空中庭園!それは、世界七不思議の一つにあげられる、伝説の大構造物である。時は、紀元前600年頃、新バビロニア王国の首都バビロンに、ネブカドネザル2世(在位:紀元前604~前562年)によって建造された階段状の庭園、それがバビロンの空中庭園である。


庭園の大きさは、高さ15メートル、400メートル四方の基盤の上にテラスを幾層も重ね、最上部の高さは110メートルと伝えられている。


主に切石とレンガで造られ、各テラスには、防水の為に天然アスファルトを使用した。入念な基礎工事の末に、各テラスには大量の土が盛られ、様々な花や樹木が植えられた。


花や樹木の育成に必要な水は、庭園の前に流れるユーフラテス川からくみ上げた。そして訪れる人々の為に、庭園の正面には階段が設けられた。内部には丸天井の部屋が、多数造られた。


この庭園は余りの巨大さに、遠くから見ると空中に浮いている様に見えたと言う、この為に、空中庭園と呼ばれるようになったのだ。

庭園は何故建造された?

これほどの庭園を何故?建造したか。それは、王妃アミュティスの為だと伝えられている。王妃は北方の山岳地帯メディアの出身で、山国の緑に囲まれて育った。そんな彼女にとって、雨がほとんど降らないバビロンでの生活は味気なく、故郷の豊かな緑を恋しがったという。


そこで王のネブカドネザル2世は、王妃を慰める為に、メディアの山や森の再現をする事にしたという。

謎の揚水メカニズム

砂漠に出現させた庭園に、いかにして植物に水やりをしたのだろう?伝え聞くところによれば、庭園の最上部には貯水タンクが設けられ、パイプを通し各テラスに給水し、噴水や自動散水機で植物に水やりをしていた。


実は、この揚水メカニズム、何も分かっていないのだ。現代の技術であれば、容易い事だろう。だが、今日より2600年も昔の事だ、これほどの技術が有ったのだろうか?だとすれば、正しく驚異!


www.occulthiroba3088.com