オカルトひろば

宇宙・非科学的・時事問題など

ブラックホールの本当の役割


星のベビーブーム?
宇宙激動の記憶!
生命の父?
究極の鍵とは⁉



ブラックホールと生命のつながり

ブラックホールと、私たち生命はどうつながっているのか?

オーロラ・シミオネスク
(オランダ ユトレヒト オランダ宇宙研究所・東大カブリ数物 客員科学研究員)。

新進気鋭の科学者、ルーマニアに生まれ17歳で、物理オリンピック優勝

天才少女と言われ30歳で書いた論文が、世界的な科学雑誌ネイチャーに掲載されるなど、今最も注目を集めるブラックホール研究者です。

オーロラさんは2013年に来日、JAXA 宇宙科学研究所のプロジェクトに参加。


世界中を驚かせる大発見

f:id:occulthiroba3088:20190815133621j:plain

X線天文衛星すざく)を使った観測で、ブラックホールと生命の秘密を解き明かす、
手がかりを見つけたのです。

M87銀河を観測した結果、マグネシウムケイ素硫黄 が見つかりました。

M87銀河周辺の元素の分布

鉄の値を100とした場合の元素

オーロラさんが驚いたのは、元素の比率が宇宙のどこでも、同じような値
示したことでした。

f:id:occulthiroba3088:20190815144202j:plain

星が多く集まったM87銀河の中心部でも、星のほとんどない銀河団(外縁部)でも。

さらには別の銀河(M49銀河)でも、そして私たちの太陽系でも、同じような比率
だったのです。

元素の比率は場所ごとに、全くバラバラだと信じていた科学者達にとって、
衝撃的な結果でした。

なぜ?元素の比率が似ている

なぜ元素の比率が似かよって言っているのか?

オーロラさんは、ブラックホールが大きな役割を果たしたのではないか?と考えています。

例えば水にインクを加えます、 水は宇宙空間 インクは元素を表しています。ムラのある状態から、ムラのない状態にするにはかき混ぜる。何かが元素をかき混ぜたのです!

銀河の中心にある超巨大ブラックホールが、関係していると考えられます。

f:id:occulthiroba3088:20190815144608j:plain

ブラックホールが元素をかきまぜ、ムラのない宇宙を作ったことが、生命誕生につながったとオーロラさんは言います。

人体を構成する元素、酸素65% 炭素18% 水素10% 窒素3% カルシウム2% リン1% その他1%。

宇宙が誕生した頃、水素とヘリウムしかなかった星の中で、小さな原子をくっつけ組み立て、大きな元素ができた。

元素が1揃えないと、私達は生まれなかっただろう。


コンピューターの中で宇宙の始まりを再現する、世界的なプロジェクトが行われています。

デビッド・バーンズ(アメリマサチューセッツ州 マサチューセッツ工科大学

観測に基づき、宇宙誕生直後のガスの分布などを入力。

重力や電磁記録などの物理法則に従うと、宇宙がどのように変化していくのか、
コンピューターの中で時間を追って観察しました。

数千人の科学者がこのシミュレーションに関わり、科学的な精度を上げてきました。

その結果ブラックホールが宇宙を今の姿にすることに、決定的な役割を果たしていることがわかりました。

誕生直後 宇宙は小さく 高密度、 宇宙誕生から15億年後 ガスが自らの重力で次第に集まっていきます。

f:id:occulthiroba3088:20190815145244j:plain

宇宙誕生から20億年後、銀河の中心にあるブラックホールから、巨大なジェット
発生します。

ジェットの長さは180万光年、銀河のサイズをはるかに超える巨大さです。

ジェットでまき散らされたガスは、銀河に取り込まれていきます。

シミュレーションでは11種類の元素を追跡しました、それらがジェットの流れに乗って、
銀河の中心部から遥か彼方まで、送り届けられている様子が確認できたのです。

その後も次々と銀河とブラックホールが生まれ、強力なジェットが宇宙をかき混ぜて
いきます。

太古の宇宙では元素かき混ぜに、ジェットが大きな役割を果たしたことが
確かめられました。

宇宙初期のブラックホールと、私たち生命とのつながりが見えてきました。

私たちの体を作っている元素のほとんどは、100〜120億年前に作られました。

それらの元素は、ブラックホールの力で運ばれたものです。

f:id:occulthiroba3088:20190815145715j:plain

私たちにとって元素を生んだ星が母であるなら、それを届けたブラックホールは父なのです。

今から100億年前の宇宙は小さく、現在の3分の1ほどでした。

星が次々に生まれ、そして爆発を起こして死んで行きます。

生まれた元素は、宇宙空間にバラバラに漂っています。

この時、生命誕生を決定づける出来事が起こります。

その主役になったのは、銀河の中心にある超巨大ブラックホール

f:id:occulthiroba3088:20190815150336j:plain

それは暗黒の天体ではなく、光輝くガスをまとい大量の物質を吹き出しています、
それがジェット。

生命欠かせない元素がかき混ぜられ、宇宙の隅々にまで送り届けられます。

そして生まれた私達、はるか100億年以上前ブラックホールが引き起こした、宇宙の大激動の記憶が今の私たちの体に刻まれているのです。

100億年前は星のベビーブーム

宇宙にあるほとんどの星は、100億年前にできたと思われています。

宇宙を知る事は自分を知ること

世界の科学者が力を合わせ、初めて見ることができたブラックホール

科学者たちは、さらに大きな謎に挑もうとしています。

私たちの住む天の川銀河の中心にある、超巨大ブラックホールを直接見ようと言う計画。

そもそもブラックホールがいつどのように生まれ、宇宙の始まりとどうつながっているのか?その手がかりを見出そうと言うのです。

さらに新しい観測衛星の、打ち上げ計画も進められています。

従来の30倍以上の性能を持つ日本のX線観測衛星、2年後の打ち上げを目指しています。

オーロラさんは、この観測こそブラックホールの研究に、大きな飛躍をもたらすと期待しています。

超巨大ブラックホール宇宙の物質構造を、どう進化させ生命を誕生させたのか?その決定的な証拠を見つけたいのです。

f:id:occulthiroba3088:20190815150443p:plain

今もなお、多くの謎を秘めた天体ブラックホール、それは宇宙の歴史や生命誕生の秘密を、
解き明かす究極の鍵なのです


www.occulthiroba3088.com
www.occulthiroba3088.com

参考元 NHK