オカルトひろば

宇宙・非科学的・時事問題など

【謎】ストラスブールの踊り病 死ぬまで踊り続ける恐怖

【謎】ストラスブールの踊り病 死ぬまで踊り続ける恐怖オカルトひろば

f:id:occulthiroba3088:20191014142305j:plain


踊りを止める事が出来ず死ぬ、そんな事があるだろうか?中世ヨーロッパに、実際にその記録が有るという。


ある日突然、踊りだした少女。昼夜を問わず踊り続け、そのまま衰弱し、亡くなったらしい。その後、村人も続々と踊り出したと言う。


「死の舞踏」中世の美術において、描かれたモチーフである。背景には14世紀に流行した「黒死病(ペスト)」、ヨーロッパ全土で猛威をふるい、多くの死者を出した。この病が、関係していると言う。


しかし、高熱となり皮膚が黒く変色して死ぬ事になっても、患者が踊り出す事は無い。


ただ、当時の人口の約3割以上がペストで亡くなった。この事から、ペストへの恐怖で半狂乱になり踊りだす、集団ヒステリーが発生した事はあったと言う。これが美術史上の「死の舞踏」である。


f:id:occulthiroba3088:20191014142414j:plain


1581年 フランス・ストラスブールで本当の意味での「踊り病」が流行しだした。初めに、フラウという女性が路上で突如踊り出し、その半狂乱の踊りは4~6日続いた。だが、一週間もしないうちに、そこに34人が加わり、一ヶ月後には400人が「踊り病」にかかり、踊り始めたと言う。


f:id:occulthiroba3088:20191014142532j:plain


男女問わず、食べず飲まず、死に絶えるまで踊り続けたと言う。政府はこの暴動を止めようと、役人を向かわせた。だが、当時の医師が、更に踊る事で症状が治ると考え、音楽を流しダンスフロアまで作って対処した。


その結果、100人近くが心臓発作や脳卒中、極度の疲労で死んでしまった。


この「踊り病」、集団ヒステリーと言われている。他の説としては、麦角中毒。麦角中毒とは、ライ麦に付いた麦角菌による中毒で、中世ヨーロッパではライ麦パンを食べていた為、度々中毒が起こっていた。


麦角菌は神経に毒性を与える事が有り、手足が燃えるように熱く感じるらしい。それ故、手足を振り回して苦しむと言う。更に、幻覚作用も有るらしい。


しかし何故、突然発生し、伝染するのかは謎なのだと言われている。オカルトひろば


参考元 学研プラス
www.occulthiroba3088.com